アニマルな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ホモサピ家族 里帰り

<<   作成日時 : 2008/08/18 22:21  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ホモサピ家族で母の地元へ行った。

ホモサピ家族とは・・・
ホモサピ姉、妹、ベビー、そして母。

今回は認知症の母とベビーを地軸として姉妹が回転する
のだろうという予測の元恐る恐る旅立った。

現地ではホモサピ兄家族および、爺さん婆さんがいる。

一日目。
イルカと泳ぐドルフィン・スィムを体験。
ホモサピ姉妹は泳げない。
どうせ室内プールで、ライフジャケットを着けて泳ぐんだろーと
呑気にかまえていたら、違った。

完全に海の一部を網で囲っていた。
そして、ライフジャケットなかった。
そして、イルカが3匹旋回していた。
彼らが自由に泳げるくらい深ーい広ーい海に入る??

寸前で焦ってきて、イントラに相談してしまった。
「わたしー泳げないんですけどー。大丈夫ですかね?」

今更・・・という顔つきだったが、
「ウェットスーツ着てたら沈みませんよ」って。

でも、まだ怖かった。
足がつかないなんて信じられない。人間が入る場所じゃない。
緊張してくるけど仕方ない。ここまできたら入るしかない。

まずは浅いところに座って、フィンとやらをつけていただく。
つけてもらったイントラにも「私泳げないんですぅー」と
溺れたら助けてねアピールをしといた。
隣にワクワクしているちびっ子が聞いていたが、
大人のプライドなんて命に比べたら軽い軽い。

「後ろ向きにすすんでくださーい」と掛け声がかかる。
ちびっ子たちはルンルン入ってく。
あいつら、なんでそんなに慣れてるんだ?

私も恐る恐る入る。
後ろ向きに足のつかない場所に進むなんて自殺行為。
「椅子に座るみたいにはいってくださーい」と
後ろから聞こえる。

椅子もないのに無理!って思いながら
仕方がないので、やってみる。
「お父さん、見守ってて・・・!」
とこんなときだけ死んだ父親にすがる。

気がつけば海底か・・・と思いきや、
プカッて普通に浮いた。
なーんだ。簡単じゃーん!!

良かったー。慣れてきたらフツーに進むし、立ち泳ぎもできる。
イルカにも触れちゃってとっても楽しかった。

ビバ!ウェットスーツ!

<今日の一句。>
怖いとき 人の言葉を 信じれず
取り越し苦労で 寿命が縮むー 








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
んなら姉妹揃って特訓ですな(^o^)/
ワタクシは何処までも泳げますで(*^m^*)
暇人(ホモサピ妹旦那)
2008/08/20 16:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホモサピ家族 里帰り アニマルな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる